スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子書籍の歩き方(3)Kinoppyはじめました

2012/07/21 16:11

先日の「電子書籍の歩き方」の記事の中で触れた紀伊國屋書店電子書籍アプリ「Kinoppy」、使い始めました。

Kinoppyのいちばんの特徴は、「マルチデバイス対応」であるという点です。これはデバイス毎に電子書籍を再購入することなく読書ができることを意味します。購入した書籍がクラウド上で管理されており、使用するデバイスで開く度にフォーマットが整えられて表示されるイメージです。あと、紀伊国屋書店に関して言えば、リアル書店は普段からよく利用しており、紀伊国屋ポイントカードはリアル書店ではもちろん、電子書籍ストアでも使えることもあり、早速利用してみることにしてみました。

さっそくKinoppyのUIを見てみましょう。まずはiPhoneのUIから。

iPhone上での本棚はこんな感じです。

kinoppyiphone21_IMG_0002_convert_20120721152414.png

オレンジの表紙の本は、Kinoppyアプリのインストールと同時に配布される紀伊國屋書店発行の無料本「scripta」。本棚の一番左に置かれているのは、紙の書籍「ノマドワーカーという生き方 場所を選ばず雇われないで働く人の戦略と習慣」でおなじみの立花武志さんの電子書籍本「西麻布バブルダイエット」です。今回Kinoppyのテストも兼ねて購入しました。

ここでは「scripta」を開いてみましょう。

kinoppyiphone22_IMG_0003_convert_20120721152504.png

しおり付け機能およびそのリスト表示機能、マーク付けおよびそのリスト表示機能、画面の輝度調整機能、フォントサイズ調整機能などが使えます。書籍全体として、iPhone用にレイアウトされていて見やすく、ページめくりも快適です。

マーク付けとは、ラインマーカーペン的な機能で、文中で気になった箇所や重要な箇所などを範囲指定することにより、下の画面のように黄色でハイライト表示することができます。

kinoppyiphone23_IMG_0004_convert_20120721152537.png

しおりを貼りつけた箇所、およびマーク付けした箇所は、リスト表示することもできます。マーク付けした箇所に関しては、自分でタイトルをつけることもできます。ここでは「日本沈没とは」というタイトルをつけています。

kinoppyiphone24_IMG_0005_convert_20120721152606.png

マルチデバイス対応の観点ではどうでしょうか?
Windows PCでKinoppyを起動してみると、(期待通り当然)本棚にはちゃんと同じ2冊が並んでいます。

win_kinoppy1.jpg

マルチデバイスならではの機能としては、例えば:
・外出先でiPhoneで最後に読んだ箇所が記憶され、家に帰ってからWindows PCでその最後に読んだページがパッと開くことができること
・iPhone上で付けたしおりおよびマークが、Windows画面上でも引き続いて利用できること
などが挙げられますが、このあたりの機能の具備の状況はどうでしょうか。

Windows PC上で同じ「scripta」という書籍を開きましたが、起動時にiPhone上で最後に読んだ箇所(= 上記のマークを付けた箇所)を開くことはできませんでした。しおりも継承されていませんし、先ほどiPhone上でマーク付けした箇所も、Windows PC上には継承・反映されていません。下記のWindows PC上の画面では、先にiPhone上でマーク付けした箇所と同じ箇所を開いていますが、こちらではマークは確認することができません。

win_kinoppy2.jpg

あと、気になったのはアプリ上での用語の統一性がないこと。iPhone上では「しおり」と呼ばれていますが、Windows上では「付箋」という表記になっており、UIの一貫性に欠けます。これは致命的です。

iPhone版はそれなりの完成度を感じ取ることができましたが、Windows版、およびデバイス間連携においては、現時点においてはまだまだ改善の余地が大いにありそうです。マルチデバイス対応をその特徴と位置づけているのであれば、特にしおり、マークなどのデバイス間連携機能は是非とも充実していただきたいと思います。あと、個人的には、Kinoppy for iOSが出ているのであれば、Mac用のKinoppy、すなわちKinoppy for Mac OS X も是非リリースして欲しいと思っていましたが、本サービスのウェブサイト上のFAQによれば、「Macintosh版は 2012年9月中旬リリースの予定で、現在開発を進めています」とのことでした。

今後の機能の拡張、UIの充実(特にWindows版)、およびデバイス連携機能の充実に期待したいところです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    Recent Articles


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。